投資用マンションの落とし穴

投資用マンションと言いましたら、1ルームタイプ、概ね1000万円から2000万円ほどのマンション1部屋を購入し、人に貸して家賃収入を得るというものです。

返済は月々7~10万円ほど。ローン期間は概ね35年。
ローンが7万円の物件を月7万円で貸すことができれば実質負担0でローンを返済できることになります。
自分のお金を使わないで人のお金で運営出来るという内容なんです。これは良いと思い購入し運営を開始するのですが、そんなうまく出来た話は実際にはないんです!

マンションを買った場合に必要になるのはローンの支払いだけではありません。
毎月数万円の修繕積立金や管理費、それに固定資産税だって必要です。
加えて経年劣化した室内の修繕費はオーナーさんの負担ですし、古くなれば家賃を下げる必要も出てきます。要するに、家賃ベースで考えていると毎月赤字を垂れ流すようになり、「こんなはずじゃなかった」となるわけです。
そして、追い打ちをかける様に販売会社の営業マンは一度購入されたオーナーさんへもう1件どうですかと複数の物件を次々に勧めてきます。早いタイミングで気付かないと、各物件でマイナス数万円、トータルすると毎月10万円以上の赤字が出るということもよくあります。
これをローン完済まで30年ほど続ける…というのは誰が何処から見ても、聞いても、無理な話だということはすぐにお分かり頂けるはずです。

トータルで考え、最終的に自分の資産はどうなるのかをもう一度考えるのは、遅いよりも早い方が得策なんです。

株式会社REGALE 第2営業部 武井

ページトップへ