REGALE(レガーレ)とは王者という意味を持っています。

REGALE(レガーレ)は不動産戦略コンサルティング企業として不動産業界をこれからも牽引し続けます。

 

企業理念

『常にプロフェッショナルな意識を持ち続ける』
そのために、REGALE(レガーレ)のすべてのコンサルタントは共通の使命をもち、共通の行動規範に則って日々不動産戦略コンサルティングを行っている。

 

REGALE(レガーレ)の2つの使命

 

1.お客様のニーズを満たす
・お客様が不動産運用か不動産売買をするのか、日本情勢の変化に対して知識を備え、不動産の価値を生み出し、さらには不動産運用か不動産売買かを戦略できるよう貢献すること。

 

2.人材育成
・REGALE(レガーレ)自体が優秀な人材を惹きつけ、その人材の持つ才能を最大限に引き出しながら、彼らを夢中にさせる企業であり続けること。

 

 

REGALE(レガーレ)の3つの行動規範

 

最高のプロフェッショナルにこだわる
・お客様の立場を最優先に考える
・お客様の信頼を損なわないよう最高レベルの守秘義務を遵守する
・いかなるものにも依存しない独立した視点を維持する

 

お客様の不動産を戦略する
・常にトップコンサルタントの視点でアプローチする
・不動産の情報・不動産仲介経験を共有し、すべてのお客様に、REGALE(レガーレ)として最善のサービスを提供する
・お客様と信頼に裏打ちされた息の長い関係を構築する

 

優れた人材のために比類ない環境を作る
・階層のない、オープンな環境を作る
・年功や経験の蓄積量ではなく、お客様に提供した価値やREGALE(レガーレ)に貢献した成果によって評価する
・不動産歴が長いコンサルタントが若手コンサルタントを指導することで、お互いの成長を図る